直接役に立てる仕事です|医療事務講座で正しい知識を身に付けられる

医療事務講座で正しい知識を身に付けられる

女医

直接役に立てる仕事です

女性

仕事内容は

義肢装具士というのは、あまり聞きなれない資格かもしれません。義肢装具士というのは資格と職業に共通して使われている名前で、その仕事内容は、病気や事故で手や足を失ってしまった方に、義肢や義足を作成し、その方の生活の質を上げていくことです。また、障がいをお持ちの方に対して義肢や義足を作成することも、義肢装具士の仕事です。義肢装具士は、その相手の方に直接役立つことが、最も大きな特徴です。医療関係の資格には様々なものがありますが、このような形で役に立てる資格というのは多くありません。また、体は不自由であっても比較的健康な方が対象ですので、医療関係の職業に就きたいけれども、生死に直接関わることは負担に感じるという方にもおすすめの職業です。

国家資格が必要です

義肢装具士になるためには、国家資格が必要です。国家資格を取得する方法は複数ありますが、最もわかりやすい方法は、高校を出て、義肢装具士の専門学校を卒業することです。この場合の専門学校は3年制で、卒業する年に国家試験を受験することになります。専門学校以外の選択肢は、大学や短大を卒業した方が、義肢装具士の養成施設で学ぶ方法など、なるべく多くの方に門戸を開く仕組みが作られています。国家試験の合格率は80%から90%と高いですが、決して簡単な試験ではありません。ほとんどの方が専門学校や養成施設で学んだ上での合格率ですので、十分な対策が必要なことが分かります。義肢装具士は、これからも需要が増していく、おすすめの資格です。